不能犯 最終回の結末ネタバレと考察感想まとめ

サスペンス・ミステリー

「不能犯の最終回ってどんな結末を迎えたんだっけ?」

「最終回のネタバレを知りたい!」

このようにお思いの方のために当記事では、「不能犯」最終回12巻の結末ネタバレをまとめました。

それではさっそく、不能犯最終回のネタバレを見ていきましょう。

\毎日最大50%ポイント還元/

まんが王国で不能犯を半額で読む

不能犯 最終回12巻の結末ネタバレ

必死の形相で多田たちのもとに走る榎本たち。

しかし時はすでに遅し、多田が選んだ道は自殺でした。

最愛の百々瀬が自分の目の前で宇相吹に殺されそうになり、ついに宇相吹を刺す多田。

望み通りの展開に宇相吹は満足して死んでいくものの、最後に宇相吹が目にしたのは自らのクビを掻き切る多田の姿でした。

「いいんだ・・・百々瀬さん・・・俺はこのまま宇相吹と一緒に・・・」

意識が朦朧とする中、多田はそう思いながら息を引き取ろうとします。

しかし百々瀬は諦めていません。

多田を絶対に死なせないと誓うと、涙を流しながら多田を抱えて走ります。

一方、警官たちは窓が開いていることに気付きます。

「まさか宇相吹は・・・」

そう思って榎本が外を見下ろすと、そこには何の気配も跡もありませんでした。

場面は病院。

多田は百々瀬によって手術室へ運ばれていました。

麻酔によって眠っている多田ですが、心の中でつぶやきます。

「やめてくれ・・・。ダメなんだ・・・俺は宇相吹とともに死ななきゃいけないんだ・・・」

数日後。

多田は一命を取りとめ、なんとか峠を超えた様子。

治療室の外から見守る百々瀬のもとに、榎本と玉木がやってきて言いました。

「宇相吹の遺体がどこにも見つからなかった」

宇相吹は本当に多田に刺されて死んだのか?と問いかける榎本に百々瀬は、死ぬ間際を見たわけではないので・・・と回答。

とはいえあの状況では、死以外の可能性など考えられません。

その後、百々瀬は榎本に尋ねました。

「もし宇相吹の遺体が見つからなかったら、刺した多田はどうなるのか?」

玉木いわく、罪に問おうにも遺体がなければ捜査のしようがないとのこと。

さらに驚きの事実が榎本から告げられます。

なんと多田の盛っていたナイフからは、多田本人以外の血液反応が検出されなかったそうなのです。

確かに多田は宇相吹を刺したはず、それなのになぜ・・・

「宇相吹に関して俺たちが”確かに”なんて言えることが一つでもあるのか?」

榎本のこの言葉に百々瀬は、妙な胸騒ぎを覚えるのでした。

現状、多田の宇相吹殺人容疑は立証不可能な事件、いわば不能犯。

そんな話をしていると、多田が目を覚まします。

どうしても見殺しにできなかったという百々瀬に多田は、あんな辛い決断を迫ってゴメンと謝罪。

「ありがとう、助けてくれて。言ったろ?やっぱり死ぬのは怖いって」

その後、多田は百々瀬に車椅子を引かれ院内の庭を回ります。

そこで、多田の不起訴処分が正式に決まったと榎本から報告があったことが報告されました。

宇相吹はどこに?と考える百々瀬と、間違いなく宇相吹を殺したと考える多田。

たとえ宇相吹が消えてしまったとしても、多田が罪を犯した事実は変わりません。

「俺はもう、元の俺には・・・」

多田が心の中でつぶやいた次の瞬間、庭を歩くすべての人々が真っ暗に歪んで見えるように。

百々瀬は表情が変わっていないため、こう見えているのは多田だけ。

「よかった。ちゃんとあなたにも見えているようですね。僕と同じ景色が」

なんと、多田の前に宇相吹が出現。

冷や汗を流し動揺する多田ですが、百々瀬の呼びかけで落ち着きを取り戻します。

そして百々瀬は多田に、退院したらどうするのか聞きます。

「警察を辞めてからずっと、宇相吹と一緒に死ぬことだけを考えてきた。だから未来のことなんて何も・・・」

と話す多田に百々瀬は、自分も警察を辞めようと思っていると告白。

その後、多田が言ってくれた言葉を思い返します。

「2人で探偵でも・・・」

多田は本当にそうなったらきっと楽しいと、笑顔で言いました。

すると2人は目を合わせ、無言で口づけを交わすのでした。

それから数年後、とあるアパートにて。

多田と百々瀬は結婚し、お互い「アーコ」「友くん」と呼び合っています。

さらに百々瀬は妊娠しており、今日から休職。

多田は百々瀬に見送られながら出発するのですが、今でも宇相吹のことを考えているのでした。

人間の正体は強さか、それとも脆さか・・・。

一方、とある街の路地裏では女性2人が都市伝説について話しています。

「電話ボックスの殺し屋」

どうしても殺したい人が電話ボックスの裏に連絡先を貼っておく、そうすると黒いスーツの殺し屋が来る。

ただ、1人の女性が聞いた話によると、黒いスーツではなくて・・・

不能犯 最終回12巻を読んだ感想と考察

 

不能犯 最終回12巻をお得に読む方法

「不能犯」最終回12巻は、U-NEXTという電子書籍サービスを活用すればお得に読むことができます。

U-NEXTで不能犯 最終回12巻をお得に読む

U-NEXTでは最終回の最終回12巻が606円で配信されています。

そしてU-NEXTに無料会員登録すると600円分のポイントがもらえるので、このポイントを使えば不能犯の最終回12巻をお得に読むことが可能。

さらに31日間のお試し期間中は、21万本以上の動画がすべて見放題。

アニメやドラマ、映画、オトナ向け動画などが無料で見放題なので、ぜひお試しください。

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTで不能犯をお得に読む

またU-NEXTでは映画「不能犯」のフル動画が見放題で配信中。

主なキャストが以下の通り。

  • 宇相拭→松坂桃李
  • 多田→沢尻エリカ
  • 百々瀬→新田真剣佑

原作とは違った展開&結末になっているので、あわせて視聴してみてください。

 

不能犯 1巻〜最終回12巻まで全巻半額で読む方法

U-NEXTは不能犯の最終回12巻をお得に読めますが、全巻無料で読むことはできません。

「不能犯1巻〜最終回まで全巻読みたい・・・」

という方は、まんが王国という電子書籍サービスを活用すれば、全巻半額で読むことができますよ。

まんが王国で不能犯1巻〜最終回12巻まで全巻半額で読む

まんが王国は月額コース・都度課金コースの2種類あり、都度課金コースであれば月額費なしで利用可能。

そして毎日最大50%ポイント還元を行っているので、不能犯1巻〜最終回12巻まで全巻半額で読むことができます。

不能犯の他にも独占先行配信を行っている漫画が多数あるので、漫画好きの方なら必見のサービスですよ。

\毎日最大50%ポイント還元/

まんが王国で不能犯を半額で読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました