君が僕らを悪魔と呼んだ頃 最終回の結末ネタバレと感想考察まとめ

サスペンス・ミステリー

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃の最終回ってどんな結末を迎えたんだっけ?」

「最終回のネタバレを知りたい!」

このようにお思いの方のために当記事では、「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」最終回14巻の結末ネタバレをまとめました。

それではさっそく、君が僕らを悪魔と呼んだ頃最終回のネタバレを見ていきましょう。

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTで君が僕らを悪魔と呼んだ頃を無料で読む

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 最終回14巻の結末ネタバレ

「緑」の開いた個展が美術館の一角にて開催されています。

主役の緑は受付に立って大きなため息をついており、兄達に心配されていました。

個展には彼女の友人知人が大勢招待されており、その中には「斎藤悠介」を通じて知り合った人達も。

そして緑が気にしているのは、その悠介を描いたものが皆にとってどう受け止められるのかについてでした。

しばらくして、会場を一通り見て回ってきた会澤が受付前まで戻ってきます。

彼に早速、絵の感想を訊いてみる緑。

すると会澤は年下の緑相手にも遠慮せず、「全然ダメ」と一刀両断。

描かれているのは悠介にそっくりな人物ではあるものの、会澤が知る悠介の印象とはまるで違ったそうです。

会澤にとっての悠介は、彼の右手に残る大きな穴を開けた時の、あの無邪気で残虐な顔が印象深く、緑の絵はそれを表現できていなかったのです。

その後ろから歩いてきたシュウ。

彼もまた会澤と同意見で、緑の絵に描かれている人物は「悠介ではない別の誰か」にしか見えなかったそうです。

シュウは更に「悠介に何かされた被害者達はきっと皆が同じ感想になる」とも語りました。

ところが、そんな悠介の旧友二人からの感想を聞いた緑は、落ち込むのではなく逆に笑顔に。

彼女は二人がそうした感想を持つだろうと予想できていたのです。

その緑の笑顔を見て、会澤とシュウは「悠介にも確かにあの絵のような顔をしている瞬間はあったんだ」とこぼしました。

それは悠介が記憶喪失になっていた頃の事。

その時と同じ笑顔をかつての緑達の前で見せていたというのなら、もしかしたら悠介は緑達と一緒にいる時だけは自分の罪を忘れられていたのかもしれません。

緑が会場内に入っていくと、ある絵画の前で一ノ瀬が滂沱の涙を流しながら立ち尽くしていました。

「悪魔の笑顔」と題されたその絵には、無邪気に笑う大人の悠介の顔が描かれています。

今はもういなくなってしまった彼と再会できたような感覚に襲われて、一ノ瀬は緑にお礼を言うのでした。

一方、悠介の娘でありながら彼に関する思い出がない菫は、これほど見る者によって感想が違ってくる事を不思議に思います。

絵の印象からは優しいおじさんにしか見えないのですが、昔の知り合いは悠介を「悪魔」と呼ぶのです。

それについて記者の恩田は「過去に犯した罪のレッテルは、その後どう生きていっても完全に剥がれるものではない」といった風に菫に語ります。

あの事件で悠介が殺された後、彼の悪行もまた世間に広まってしまいました。

そして悠介と一緒に暮らしていた緑達も世間から追及の目を向けられ、彼女達がいくら晩年の悠介の優しさについて語っても、それを信用してはもらえなかったのです。

世間からは「この兄妹達もまた悪魔に洗脳されてしまったのだ」と認識されてしまった緑達。

それでも緑は、自分達が見てきた悠介について訴えたくて彼の絵を何枚も描いたようです。

悠介がかつて極悪人だった事を否定はしない緑。

しかし、それと同時に彼は自分達兄妹を救ってくれた人でもあります。

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」と題された絵には、悠介が3兄妹と仲良く巨大な雪だるまを作っている光景が。

緑はその頃の記憶を思い出しながら、確かに自分達は幸せだったと語ります。

一人の人間にも様々な顔や側面があり、それは見る人によって大きく異なってきます。

罪を犯す事もあれば、その逆に善行を施す事もあって、単純な善悪で人を語る事は出来ないのだと話す緑。

だから彼女は、自分が知る悠介の姿をたくさん描き出し、それを見た者に「斎藤悠介はどんな人間でしたか? あなたの目にはどう映っていますか?」と問いかけるのでした。

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 最終回14巻を読んだ感想

君が僕らを悪魔と呼んだ頃」は、緑が描いた絵画のタイトルという形で回収されました。

この「僕ら」と複数形になっているのがずっと引っかかっていたのですが、そこは悠介と一緒に過ごした緑達もまとめて悪魔扱いされてしまったという事なんですね。

それに対して緑が取った行動は、彼女が知る悠介の姿を絵画として表現する事。

ただ、絵を見て納得しろというのではなくて、その絵にどんな感想を持つかは自由というのが冷静でいいですね。

会澤やシュウもまた「こんなの悠介じゃない」と言いはしましたが、おそらくそれは緑に感想を求められたから素直な気持ちを口にしただけで、緑が悠介を善人だと思っている事は別に構わないのでしょう。

そんな「あなたにとっては善人(悪人)かもしれないけど、自分にとっての彼は……」とそれぞれが自分なりの考えを持っていて、そしてそれを押し付け合わないで終わるラスト。

作中でも長い時間が経っているだけあり、全員がしっかりした大人になったと感じる結末でしたね。

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 最終回14巻を無料で読む方法

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃」最終回14巻は、U-NEXTという電子書籍サービスを活用すれば無料で読むことができます。

U-NEXTで君が僕らを悪魔と呼んだ頃 最終回14巻を無料で読む

U-NEXTでは最終回の最終回14巻が462円で配信されています。

そしてU-NEXTに無料会員登録すると600円分のポイントがもらえるので、このポイントを使えば君が僕らを悪魔と呼んだ頃の最終回14巻を無料で読むことが可能。

さらに31日間のお試し期間中は、21万本以上の動画がすべて見放題。

アニメやドラマ、映画、オトナ向け動画などが無料で見放題なので、ぜひお試しください。

\無料登録で600ポイント&31日間お試し/

U-NEXTで君が僕らを悪魔と呼んだ頃を無料で読む

君が僕らを悪魔と呼んだ頃 1巻〜最終回14巻まで全巻半額で読む方法

U-NEXTは君が僕らを悪魔と呼んだ頃の最終回14巻を無料で読めますが、全巻無料で読むことができません。

「君が僕らを悪魔と呼んだ頃1巻〜最終回まで全巻読みたい・・・」

という方は、まんが王国という電子書籍サービスを活用すれば、全巻半額で読むことができますよ。

まんが王国で君が僕らを悪魔と呼んだ頃1巻〜最終回14巻まで全巻半額で読む

まんが王国は月額コース・都度課金コースの2種類あり、都度課金コースであれば月額費なしで利用可能。

そして毎日最大50%ポイント還元を行っているので、君が僕らを悪魔と呼んだ頃1巻〜最終回14巻まで全巻半額で読むことができます。

君が僕らを悪魔と呼んだ頃の他にも独占先行配信を行っている漫画が多数あるので、漫画好きの方なら必見のサービスですよ。

\毎日最大50%ポイント還元/

まんが王国で君が僕らを悪魔と呼んだ頃を半額で読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました